ソリューション

医事システム
電子カルテシステム
業務支援システム
医事・調剤システム
電子カルテシステム
業務支援システム
医事調剤システム

Open-Karte AD

「Open-Karte AD」が中小規模病院の診療をサポートします

電子カルテには医療機関における職種間の情報伝達や、データ共有を簡単にしてチーム医療に貢献するなど様々な役割があります。
近年、日本では高齢化率が年々上昇するなどの要因により地域包括ケアシステムの構築が推進されています。
その状況下で、各医療機関では医療情報の適切な管理や、施設間の連携がますます重要になっており、
特に中小規模病院への電子カルテシステムの普及が注目されています。
中小規模病院の運用を追求して誕生した「Open-Karte AD」がこれからの診療をサポートします。

よりよい医療システムを提供するための特性

  • - Web型の電子カルテの特徴である低コストで抑えられる導入費用
  • - 見やすい画面構成とシンプルな操作性
  • - 情報を共有・連携して業務の効率化とチーム医療の推進を支援
Open-Karte AD

低コストで導入可能なWeb型電子カルテシステム

Web型電子カルテシステム「 Open-Karte AD 」はウェブブラウザ上で使用する仕様であり、特別なソフトウェアをインストールする必要がないため、従来のC/S型に比べて低コストでの導入と、増設時のコスト削減を実現します。

さらに、Web型電子カルテシステムは更新の際にハード機器の入れ替えのみで完了するため、大幅なコスト削減を可能にします。

イメージ画像

治療経過を時系列で把握する診療カレンダー

治療期間の診療内容やバイタル値が一画面に集約されており、カレンダー形式の画面構成になっているため、治療経過を時系列順に確認することができます。
日々のバイタル値がグラフ化され、数値の推移を分かり易く追うことができます。

イメージ画像

診療カレンダーは全部門が閲覧可能なので、スタッフ間で診療情報をトータルに管理·共有でき、チーム医療の推進や質の向上に貢献します。

 情報を素早く参照できるアシストビュー機能

イメージ画像

情報量の多い電子カルテですが、アシストビューの画面では患者の基本情報や検査結果などを同一画面に集約しています。
そのため、必要な情報だけを素早く効率的に参照·共有できます。

 システム連携·部門連携で更なる業務の効率化

院内の検査システムと連携することで、検査結果やレントゲン撮影の画像を
電子カルテから開くことができるなど、シームレスな医療システムを構築します。

イメージ画像

院内の検査システムと連携することで、検査結果やレントゲン撮影の画像を
電子カルテから開くことができるなど、シームレスな医療システムを構築します。

イメージ画像